高齢処女

1. 高齢処女とは

 高齢処女という言葉があります。ということですが、実際に何歳からといった定義があるわけではありませ。みんな、感覚で使っています。アラサーからとか(こちらも定義がいい加減ですが)、30歳からとかいろいろ言われています。高齢出産となる35歳が目安という意見もありますが、少数です。高齢童貞はあまり聞きませんので、男女差別という感じもします。まあ、彼らは、風俗で初体験すればいいわけで、切実さからいうと、ちょっと違うと思いますが、風俗童貞(風俗以外での性体験がない男性)という言葉もあり・・・

2. 私の場合は?

 私は、26歳で処女から脱出しました。ですから、多分、高齢処女だったというわけではありませんが、あとちょっとで高齢処女に突入していたと思います。予備軍といったところでしょうか。

3. 出会いがないの?

 では、高齢処女には出会いはないのか。私は、たくさんの男性を知っていたし(セックスしたという意味ではありません)、男友達もいた。セックスを避けるため、恋愛感情はいだかないように努力したが、好きな人はいました。私が、高齢処女、あるいはその予備軍を十分代表しているかといえば、全く違いますが、高齢処女だから出会いがないとか、恋愛できないとか、そんな目で見ないでください。女として、見てください。韓国の朴槿恵大統領のことを高齢処女だとか、キムチわるいとか言っていますが、たとえ彼女が処女であっても、また、大統領といった特別の地位にある女性ではなくとも、そんなことは言わないでください。

4. 次の世代の女性に

 私は、直前で高齢処女から脱出しました。私のロストバージンは、特別なもので、処女の皆さんがすぐに実行するようなものではありません。婦人科が好きならば、内診台に乗って女医さんにでも処女膜を切開してもらう方がましだと思います。でも、最後の手段として、このような方法もあることを、心の隅に置いておくと、コンプレックスが少しは減るのではなかと思います。


自分で処女喪失できる




下の文字化け部分は、このページのテーマの高齢処女とは関係なく、使用している Ribbon Network が追加した宣伝なので、気にしないでください。